S&T 64式カスタム

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
今回は日本人はみんな大好き64式をカスタムします。
DSC00943
64式のエアガンは今のところ、TOPとS&Tが発売しており、流通しているのはS&Tのみです。
G&Gが制作していてかなり品質いいみたいですが果たしてw
ある程度はブラックテープを外して頂いておりますが、ほとんどの64はこのようにブラックテープが指定の所に巻かれておりますww

DSC00945
えっ?
なんと言う事でしょう~w
まれに見るスペックに衝撃を受けました。
海外は個体差が結構あるのですが、これは酷いw

DSC00947
まずは、ストックとレシーバーの結合部分を外します。
基本このネジを外すのですが、反対側のメスも外れるので無くさないように。

DSC00948
ハンドガードの下のピンなども外します。

DSC00949
チャンバーとアウターを繋いでいるイモネジも外します。

DSC00950
アウターを固定しているこのリングを外すと前方へアウターバレルが抜けますw
ちなみに、アウターバレルと言う言葉は、エアガン業界のみで、軍人にアウターバレルと言うと??ってなります。
通常はバレルw

DSC00951
チャンバーを抜きます。
DSC00952
今回は、精密バレル+MapleLeaf製のパッキンで調整します。
インナーバレルには材質・長さ・内径・切り口の形状などいろいろありますが、個人的には真鍮が好きで、アルミは今一ですw

DSC00953
チャンバー周りが終わったので、今度はレシーバー!
このセレクター実は、引っ張ってからでないと回せないちょっといけずな感じですが、この64も引っ張ってから回す仕様になっています。
指先一つでは変更できませんw

DSC00954
ぶれていますが、メカボックスはオリジナルです。
ちなみにうちの隊員の64は、このモーターホルダーが折れました・・・・ぽろっと・・・・気をつけましょうw

DSC00955
中身は単純構造で、マイクロスイッチを板状の物で押しています。
今回はPERUNのABを入れます。

DSC00956
トリガー周りですが、このトリガーのステーがスライドして無理矢理スイッチを押す感じになるのですが、アルミを貼ってクリアランスを調整します。

DSC00957
ピストン・・・・
DSC00958
個人的に贅沢な加速シリンダーw
縦に溝が入っているのは表面積を多くしてクーリング効果を高めています。
DSC00959
タペットの形状は少し特徴的に仕上げます。
ハイスピードギア・ハイトルクモーターでレスポンスを上げるような設定にします。

DSC00960
ある程度のメカボックス内のギア調整をしてハイトルクモーターを入れると、セミでモーターが回りすぎてダブルタップします。
これを抑える為にアクティブブレーキを使い、切れを良くします。
これで、もう少しグリップが細ければ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。